2005年12月25日

151枚目 M−1グランプリ2005!

ネタバレを嫌う人もいるかと思うので。

決勝8組の順位

1位:ブラックマヨネーズ
2位:麒麟
3位:笑い飯
4位:品川庄司
5位:チュートリアル
6位:千鳥
7位:タイムマシーン3号
8位:アジアン
9位:南海キャンディーズ

最終決戦

ブラックマヨネーズ(4票)
笑い飯(3票)
麒麟(0票)

という結果になりました。
以前予想したのと全然違ってましたね。

いきなりですが俺自身から見ての順位をつけてみます。
1位:ブラックマヨネーズ(二本目)
2位:ブラックマヨネーズ(一本目)
3位:麒麟(一本目)
4位:チュートリアル
5位:笑い飯(二本目)
6位:笑い飯(一本目)
7位:麒麟(二本目)
8位:品川庄司
9位:千鳥
10位:アジアン
11位:南海キャンディーズ
12位:タイムマシーン3号

う〜んこんな感じですかねぇ・・・

ブラックマヨネーズはほとんどネタとか見たことなくって印象が薄かったんですけどめちゃめちゃ面白かったです。
一本目、二本目安定してました。普段どんなネタやってたのかは知りませんが今回の大会で見たネタは凄かったですね。感動を覚えました。キャラよりもネタが濃いっていうかアホさ加減みたいなのが良かったですね。
ボーリングネタのスイカがどーのこーの言ってた部分と二本目のシャケの辺りのテンポは抜群だった気がします。文句無しの優勝じゃないでしょうか。

笑い飯は惜しくも二位となりました。そうですね、面白かったです、安定もしてました。
ただ、2003年のM−1の時と比べるとややパワーが足りなかったかな、という感じはしました。どうしても過去のネタとちょっと比較してしまいますね。2003年の奈良民族博物館のネタが凄い面白かったので、うーん。審査員の人達もちょっとそういうとこはあったんじゃないかなと思いました。

麒麟は二本目のネタは何回か見てるんですよ、田村のモデルネタは。今回のM−1ではそれだけやってたわけじゃないんですけどね。一本目と二本目のネタと比べると一本目のが良かったかな。
一本目と二本目とも二人がいきなりケンカしだすところがあるんですが二本目で同じことされると若干飽きがきてしまいますね。
それがなければ良かったかなと思いました。一本目のオチと二本目のツカミは8組の中では一番良かったと思います。印象に残った部分がそれだけになってしまったのがいけなかったのか。

チュートリアルは俺の中ではかなり面白かったです。
最終決戦行くかな〜って思ってました。徳井のアホな感じと困惑気味の福田のやりとりがおかしかったです。バーベキューの素材の順番の話でよくここまでやったなと、「ホームページ持ってるんですか?」のとことか凄く好きです。
話もだれてるようでだれてなかったし。ネタ時間自体は少し短めな感じはしました。4分間の制限時間をオーバーすると減点されるようなので少し短めにしたのか。俺が短く感じたのかはわかりません。
後で録画したやつをもっかい見て検証したいと思います。

品川庄司は技術もテンポも良かったです。ネタとしてドカンとくるところがなかったのがきつかったかな。
後半のたたみかけるところは良かったんですがもったいなかった。あの部分はネタの前半部分である程度大きな笑いが発生してたら最後のラッシュでもっと大きな笑いになったんじゃないかと思ってます。「獅子舞の方ですか?」はちょっと読めてしまいましたね。

千鳥もドカンがなかった感じがしました。随所で面白いところはあったんですけど物足りない感じがしてネタが終わってしまったような気がしました。
独特のテンポみたいなのが良かったのですがどっかでたたみかけて欲しかったかなと、思いました。

アジアンは中田カウスさんが言ってましたがどことなく昭和っぽい感じがしてました。
いいんですけどそうなると審査員やお客さんに与えるネタの印象って薄くなりがちになるんです、よほどネタが面白くない限り。
漫才は上手です、喋りもしっかりしてました。早口言葉のネタのニワトリのところがすこーししつこかったかなっていう感じはしました、そこでダレてしまったかもしれません。
あと馬場園(太ってる方)は緊張してたのかどうか一瞬変な間ができたようなとこがありました。そこが少し気になりました。自分の名前をいじってたとこは結構面白かったのですが残念でした。

南海は、笑い飯の時もそうなんですが前の大会のネタよりも良いものを期待してしまうんです。
今年のネタは去年のネタよりも良かった、っていうふうには見られませんでした。面白かったとこを挙げるなら歯磨きのところでしょうか。あそこが一番面白かったです、ポリデント使ってるところは。
このコンビは全体的にネタのテンポが遅いんですがそれが味でもありました。ただ今回はちょっとぐだぐだしてしまったのかな?という印象が残ってしまいました。

タイムマシーン3号は期待してたのですがネタが以前3ヶ月くらい前にオンバトでやってたやつとネタがほとんど一緒なんですね。
だからなんとも言えないのですが今回のM−1で見た感じは喋りがもう少しだったのかな?っていう感じはしました。
テンポはそんなに悪くなかったですね。「安西先生〜バスケがしたいよ〜」が裏目にでたかな。審査員がスラムダンク読んでなかったらそこで勢いを落としてしまったのかな〜。ツッコミの山本はネタが終わってからのほうが面白かったです「6年かそこら・・・」とか言ってたとこが。


まぁ、あれですね。一番良く映ってたのは大木こだま・ひびきさんだったんじゃないでしょうか。
posted by 月光挽歌 at 23:35| Comment(4) | TrackBack(0) | テレビ・芸能・時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブラマヨの「お前、普通そこはハチミツやのうて鮭やろ!」と「俺、どんだけ鮭好きな先輩や思われんねん!」のフレーズがツボでした^^ 「○○を着ているのはタムラヒロシ〜」は聞き覚えがあったのですが、やはり前ネタだったんですな。
Posted by 匿名希望峰 at 2005年12月26日 13:01
はじめまして。

月光挽歌さんの記事で決勝8組の順位、2位と3位が逆ですね。
麒麟が最終決戦で0票だったのが印象的でした。

個人的にはチュートリアルを応援してたんですけどね…。徳井のキャラが最高でした。
審査員の誰かが言ってた気もしますが、すごく入り込みやすかったです。
同じく「ホームページ」がツボでしたw
Posted by ココ at 2005年12月26日 16:33
きぼほさん>そうですね〜あのボケ担当がキレ気味なのがいいですね、めちゃめちゃ切れてるわけじゃないのもいいです。麒麟は後半テンションで強引にいこうとしたのが逆効果でした。

ココさん>はじめましてー!2位と3位逆ってのは麒麟と笑い飯がってことでしょうか?決勝8組の順位は麒麟が646点だったかな・・・で2位をとったと思います。笑い飯はあの時は3位だったと思いますよ〜。

チュートは前の桃太郎の漫才よりかだいぶ面白くなってて良かったですね!
Posted by 月光挽歌 at 2005年12月27日 21:07
ご紹介させていただきました
Posted by 無料 at 2008年01月24日 18:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11037952

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。